天然のプロゲストクリームが良いそうです

若年性更年期障害も本来の更年期障害と同じように、女性ホルモンがアンバランスになっている事が関係しているそうですが、その原因は、年齢的なものではなく、ストレスやダイエットなど日常の中ひ潜んでいる事が多いみたいです。

それだけ、現代人のライフスタイルに無理が生じているのかもしれませんが、そうも言ってられないのでどうにかしないとなりません。

「なら、どんな市販薬があるの?」と思って調べてみたら、塗るだけで簡単に更年期障害の症状を抑えるクリームがあると知りました。
それが、プロゲストクリームです。

「そんなすぐ効くクリームなんてちょっと怖い…」と思っていたのですが、更年期障害について長年研究している医師が考案した方法が使われているのだとか。
それが、エストロゲンのプロゲステロンのバランスを整えること。

この二つの女性ホルモンは、年齢を重ねるうちに分泌量が減りバランスが崩れる事で更年期障害を引き起こす原因となります。この減少は、女性なら誰にでも起こる自然な事なのである程度はどうしようもありません。

でも、その下降のバランスを緩やかにしてあげる事で、更年期障害も治まるようなのですが、そんな方法が使われているクリームだそうです。

「でも、本当に効果あるの?」という声も少なくはありません。
そんな女性にも試して欲しいという事から、7日分の無料お試しセットがあるそうなので、気になる方は確認してみてください。

若年性更年期障害はどう治療する?

若くして更年期障害の症状に悩まされる状態のことを、若年性更年期障害と言うそうです。つまり、こうして病名がつけられる程、よくある症例なんですね。

しかし、普通の更年期障害とは違い、若い内に発症してしまうとなると、場合によっては不妊にも繋がりかねません。そのため、早急に治療する必要があるのだとか。

では、若年性更年期障害は、どのように治療するのでしょうか?

調べたところ、基本は普通の更年期障害と同じと分かりました。

具体的には、エストロゲン剤などのホルモンを体外から補充したり、諸症状に合わせた漢方薬の投与を行ったり、精神症状が強ければ抗鬱剤や抗不安剤などを摂取したりするみたいです。

また、若年性更年期障害は、卵巣の機能が低下していないにも関わらず、ホルモンバランスが崩れて生じているという点で、普通の更年期障害と性質を異にしています。そのため、ホルモンバランスの乱れの原因を特定して、それを除去するのも重要とのことでした。

大抵は、若い内のホルモンバランスの変化は、ストレス、肥満、ダイエット、喫煙、睡眠不足、不規則な食生活と言った、悪しき生活習慣に起因しているため、思い当たる場合はその点を改善すべきだそうです。

若年性更年期障害とは?

女性なら誰しもが通る道、更年期障害。具体的には、40代後半から50代前半にかけて、症状が見られるそうです。しかし、意外と知られていないのですが、実はそれよりも若い世代に発症する更年期障害もあるそうです。それも、若年性更年期障害。

では、その若年性更年期障害とは、詳しくはどういった病気なのでしょうか?

原理としては、エストロゲンなどの女性ホルモンの分泌量が低下することで生じる、ホルモンバランスの崩れが挙げられるそうです。つまり、普通の更年期障害とこの点に関しては変わらないんですね。

しかし、普通の更年期障害だと、そのホルモンバランスの原因には、加齢による卵巣機能の低下があります。しかし、若年性更年期障害だと、それが原因ではないみたいです。

つまり、卵巣機能に何ら以上は無いのに、ホルモンバランスが乱れてしまっているんですね。これは一体、どういうことなのでしょうか?

調べたところ、卵巣機能に異常が無くても、普段の生活習慣でホルモンバランスが乱れることは、多々あると分かりました。

具体的には、過度なストレス、太りすぎ、過剰なダイエット、喫煙、睡眠不足、不規則な食生活といった要素があると、若年性更年期障害を発症するリスクは高まるとのことでした。

若年性更年期障害の原因とは?

若年性更年期障害という病気の知名度は、日本ではあまり高くないと聞きます。

更年期障害はよく知っていますが、若年性更年期障害というのもあるとは思いませんでした。ちなみに、症状はほとんど更年期障害と変わらず、発症年齢が低いというだけみたいです。

しかし、更年期障害の主な原因は、加齢によって卵巣機能が低下することで、ホルモンバランスが乱れることにあります。それなのに、なぜ若年層でも更年期障害が発症しうるのでしょうか?年齢的に、まだ卵巣の機能は正常であるはずなのに。

調べたところ、ホルモンバランスの乱れの原因は、卵巣そのものの機能の低下ではなく、生活習慣上の問題にもあると分かりました。

具体的には、睡眠や栄養が足りていなかったり、過度なダイエットをしたり、ストレスフルな生活を送っていたりしても、ホルモンバランスが乱れてしまうんですね。

そのため、まだ若いからと安心はできず、ホルモンバランスの乱れを引き起こすような問題要素を、日常生活に抱えている場合は、若くして更年期障害を発症してしまうリスクが高いとのことでした。

若年性更年期障害って、身近に原因があるだけに、更年期障害に比べてある意味厄介ですね。

若年性更年期障害になる人が増加している?

最近、若年期更年期障害という病名の知名度が上がっているそうです。

つまり、発症する人が増加しているということです。しかし、更年期障害とは本来、加齢によって卵巣機能が低下することで生じる病気です。それなのに、なぜ若い内からそれを発症してしまう人が増えているのでしょうか?

それは、現代社会にはストレスが満ち溢れているからです。つまり、ストレスを溜めることでも卵巣機能は低下し、それによりエストロゲンの分泌量が減ってしまう関係上、体内のホルモンバランスが乱れるんです。

そのため、現代では年齢に関係無く、更年期障害を発症するリスクは一定程度存在するのだとか。

しかし、若年性更年期障害の場合は、卵巣自体は別に劣化も何もしていないため、その働きを低下させているストレスさえ軽減すれば改善できます。

そのため、普通の更年期障害のように、ホルモン剤を投与するだけでなく、低用量ピルや漢方薬、精神向上剤を治療で使うことも多いそうです。

となると、普通の更年期障害に比べて、若年性更年期障害は治りやすいんですね。

ただし、同世代がバリバリ働いている中、若年性更年期障害を発症すると、普通の更年期障害以上に周りからの理解は得にくく、精神的に辛いことが多いそうなので、やはりならないに越したことは無いそうです。