若年性更年期障害

天然のプロゲストクリームが良いようです

若年性更年期障害とは、本来の更年期障害と同じように女性ホルモンのバランスが崩れている事が関係しているそうですが、その原因は、ストレスやダイエットなど日常の中ひ潜んでいる事が多いみたいです。

環境ホルモンも要因の一つと言われているようです。
肉や魚、加工食品などに注入されるホルモンが食品から体内に入るとエストロゲンと同じような働きをする事で、女性ホルモンのバランスが崩れる事もあるのだとか。

どちらも、現代人の生活に関わりの深いものなので、若年性更年期障害を改善する為に色々注意して生活してみても中々改善が難しい部分もあるように思えます。

「なら、若年性更年期障害は市販薬とかで改善できないかな?」と思って調べてみたら、塗るだけで簡単に更年期障害の症状を抑えるクリームがあると知りました。
それが、ドクターズチョイスの天然プロゲストクリームという製品です。

「そんなすぐ効くクリームなんてちょっと怖いような…」と思っていたのですが、更年期障害について長年研究した医師が考案した方法が用いられているそうです。

それが、エストロゲンのプロゲステロンのバランスを整えること。

しかも、天然ヤムイモの抽出エキスというナチュラル成分を使用している安心感があります。

若年性更年期障害に使う事はできる?

「でも、40代50代の更年期障害専用のクリームなのでは?」
とも思ったのですが、ホルモンバランスが崩れて起こるという症状は同じなので、その辺を知る為にも、製品詳細を確認しておくと良いかもしれません。

「このクリームは、20代、30代でも問題無く使用できますか?」
どうしても気になったので、販売店に問い合わせしてみたら、「妊娠中の方や妊娠を予定している方にはお勧めできませんが、それ以外の方が使用することに関しては安全です。」と回答して貰えました。

なので、若年性更年期障害が女性ホルモンのバランスが崩れて起こっているなら、このクリームで解決できる可能性もあると理解できます。

そもそも更年期障害はどのように起こる?

エストロゲンとプロゲステロンという二つの女性ホルモンは、年齢を重ねるうちに分泌量が減りバランスが崩れる事で更年期障害を引き起こす原因となります。

▼エストロゲンとは?
卵胞ホルモンの事です。
卵巣の中にある卵胞が成長する事で分泌量が増えます。

▼プロゲステロンとは?
黄体ホルモンの事です。
これは、卵胞が卵子を排出すると黄体に変化し分泌されます。つまり、どちらも、女性ホルモンの出ている場所は同じという事ですね。

この減少は、年齢とともに閉経を迎える女性なら誰にでも起こる自然な事なので、避けて通る事は出来ないようです。

ですが、緩和する方法も判ってきています。
その方法は、女性ホルモンの下降バランスを緩やかにしてあげる事。

そして、ドクターズチョイスのプロゲストクリームは、減ってしまったプロゲステロンを補う事で二つの女性ホルモンのバランスを整えるのに最適なクリームらしいです。

「それでも、本当に更年期障害が改善するのか疑問…」という場合もあると思います。
それなら、7日分の無料お試しセットが用意されているので送料のみで試す事が出来るだけでなく、製品の方も”90日間の返品保証”がついているので、実質無料で試す事ができます。

>>無料お試しセット(7日分)の申し込みページへ

若年性更年期障害はどう治療する?

若年性更年期障害は、40代以降で起こる更年期障害との違いとして、場合によっては、不妊に繋がる恐れがある事に注意しなくてはなりません。

これから子供が欲しいと思っているなら、早急に治療する必要があるのは言うまでもありません。

では、若年性更年期障害は、どのように治療するのでしょうか?
調べてみると、基本的には、普通の更年期障害と同じと分かりました。

具体的な治療方法は、エストロゲン剤などのホルモンを体外から補充したり、諸症状に合わせた漢方薬の投与を行う方法もあります。また、精神症状が強い場合は、抗鬱剤や抗不安剤などを摂取したりするみたいです。

また、若年性更年期障害は、卵巣の機能が低下していないにも関わらず、ホルモンバランスの崩れが生じているという点で更年期障害と性質を異にしています。

そのため、ホルモンバランスの乱れの原因を特定して、それを除去するのも重要とのことでした。

どちらの女性ホルモンが関与すると起こりやすい?

女性なら誰しもが通る道にある更年期障害ですが、40代後半から50代前半にかけての症状が顕著と言われています。それと同じような症状が若い内から起こるのが若年性更年期障害ですが、この場合、エストロゲンとプロゲステロンのどちらが関与が大きいのでしょうか?

今までの常識では、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が低下することで生じるホルモンバランスの崩れが原因と言われてきました。

しかし、単純にエストロゲンの分泌量が不足しているのではなく、両方のバランスが崩れて差が開いている事が関係しているという事がわかってきたそうです。

それが、加齢に伴う更年期障害なら卵巣機能に影響を受けていますが、まだ若いなら卵巣には、何ら異常は無いのにホルモンバランスが乱れてしまっているという事ですが、卵巣機能に異常が無くても、普段の生活習慣でホルモンバランスが乱れることは、多々あると分かりました。

過度なストレス、太りすぎ、過剰なダイエット、喫煙、睡眠不足、不規則な食生活といった要素があると、若年性更年期障害を発症するリスクは高まるとのことでした。

これらが卵巣へ悪影響を及ぼす形となると、正常な時と同じように卵胞が成長してエストロゲンの分泌量が増えても無排卵になる事があるらしく、この症状を無排卵性周期症と呼びます。

排卵が起こらないとプロゲステロンの分泌量は増えないので、二つのホルモンの分泌量に差が生じてしまう事が原因となる可能性もあるように思えます。

若年性更年期障害は正式名称ではない?

若年性更年期障害という症状の知名度が日本ではあまり高くないようだったので、なぜなのか調べてみると、本来は、別の呼び方があるそうです。

正確には、卵巣機能低下症という呼び方が正しいようです。
色々調べてみても、「若年性更年期障害=卵巣機能低下症」と言い切れない部分もあるのですが、確かに卵巣の機能不全で女性ホルモンの分泌量が不足して起こるのは確かです。

ストレスや過度なダイエット、喫煙など、ホルモンバランスの乱れを引き起こす原因があり、それに伴い月経異常が起こるなら、エストロゲンとプロゲステロンの分泌量がいつも通りのバランスをキープできていない状態というのも十分考えられます。

このバランスの乱れが症状を引き起こすので…。
若年性更年期障害の場合、ホルモンバランスの乱れが卵巣そのものの機能低下ではなく、生活習慣上の問題で一時的な機能不全が原因の一つとして関係しているそうです。

具体的には、睡眠や栄養が足りていなかったり、過度なダイエットをしたり、ストレスフルな生活を送っていたりしても、ホルモンバランスが乱れてしまうんですね。

もしも、薬などに頼らず改善するには、ホルモンバランスの乱れを引き起こすような問題要素を把握して取り除く必要があるのだとわかります。

まずは、原因を具体的に把握する事から始め、自分ひとりで改善できるなら取り組む。
もしも、それで改善が難しいなら、ホルモンバランスを整える事など踏まえて、プロゲストクリームなどを活用してみるのも一つの方法なのかなと思います。

若年性更年期障害になる人が増加している?

ここ最近では、若年性更年期障害を発症する人が増加しているらしいです。
しかし、更年期障害とは本来、加齢によって卵巣機能が低下することで生じる病気です。それなのに、なぜ若い内からそれを発症してしまう人が増えているのでしょうか?

それだけ、現代社会に思った以上のストレスがあるのかもしれません。
ストレスを溜めることでも卵巣機能は低下し、それによりエストロゲンの分泌量が減ってしまう関係上、体内のホルモンバランスが乱れるんです。

また、ストレスと言っても精神的なものだけではありません。
一日中スマホやパソコンの画面を見る事で目に負担となり活性酸素が増えるのも身体的ストレスとなります。また、知らず知らずの内に摂取している食品添加物も体の中で分解する時にストレスとなります。

しかし、若年性更年期障害の場合は、卵巣自体は別に劣化も何もしていないため、その働きを低下させているストレスさえ軽減すれば改善できるという兆しがあります。

そのため、普通の更年期障害のように、ホルモン剤を投与するだけでなく、低用量ピルや漢方薬、精神向上剤を治療で使うことでの改善も多いそうです。

ただし、同世代がバリバリ働いている中、若年性更年期障害を発症すると、普通の更年期障害以上に周りからの理解は得にくく、精神的に辛いことが多いそうなので、やはりならないに越したことは無いそうです。