若年性更年期障害と診断されたら?

病院で診断されたらホルモン剤治療となる

生理不順、動機、息切れ、怒ったりイライラしたりする機会の増加、寝つきの悪さ、眠りが浅くなるといった症状を聞くと、女性ならまず更年期障害を連想すると思います。

実際、更年期障害によくある症状として、これらは挙げられています。しかし、更年期障害は、あくまで40代後半以降の女性がなるものです。

では、それよりも若い世代なのに、上記の症状に悩まされるようになった場合は、どういった病気を考えれば良いのでしょうか?

実は若い人の場合でも、更年期障害が原因で上記症状が生じてしまう場合は、一定数あるのだとか。これを、若年性更年期障害と言うそうです。

まさか、若い内から更年期障害のリスクを抱えているとは、思ってもみませんでした。

しかし、実際のところ、若い分卵巣機能が良くても、ホルモンバランスが乱れることは多々あるため、それが過度に進行すると、更年期障害という形で体に様々な不調が生じてしまうのだとか。

そのため、若年性更年期障害と診断された場合は、ホルモン剤治療を受けると共に、早急にホルモンバランスの乱れの原因を取り除く必要があるそうです。

具体的には、生活習慣の中に原因があることが大半なため、一度自らの生活を見直して、不健康な要素を改善するべきとのことでした。