治療薬以外に必要な事とは?

生活習慣の見直しも大事だそうです

若年性更年期障害は、その文字通り、本当に若い人でもなるそうです。

なんでも、20代でもありうるのだとか。更年期障害は、普通なら40代後半から50代にかけて発症するものなので、まさかその年代に比べてものすごく若い、20代から発症してしまう可能性があるとは思いませんでした。

しかし、更年期障害は、女性ホルモンバランスの乱れが原因で起こる症状ですから、若い内から発症すると場合によっては大変なことになります。

なぜなら、妊娠にできるかどうかにも関係してきますし、バリバリ働いている周りの世代とのギャップに悩み、精神的な症状にまで繋がってしまう場合も多いからです。

では、若年性更年期障害を治すには、どうすれば良いのでしょうか?

まず大切なのは、産婦人科でちゃんと診断を受けた上で、エストロゲン剤などを服用して女性ホルモンを補充することだそうです。加えて、もう1つ重要なことがあります。それは、生活習慣の見直し。

若い内のホルモンバランスの乱れは、卵巣機能の低下ではなく、大抵は生活習慣上の問題にあるそうです。

具体的には、ストレスや睡眠不足、栄養不足、肥満、ダイエットなどです。そうした点を改善しなければ、どんなに体外からホルモンを補充しても一時凌ぎにしかならないため、とにかく健康な生活を心がけるべきとのことでした。