若年性更年期障害になっても妊娠できる?

しっかり治療すれば問題無いそうです

更年期障害は、卵巣機能が低下し女性ホルモンの分泌量が減ることで、体内のホルモンバランスが変化して起こる病気です。

そのため、発症する年齢はある程度高め、具体的には、40代後半から50代前半くらいと言われています。しかし、実はまだ若いからと言って、更年期障害を発症する心配が無いという訳ではないそうです。

なんでも、若年性更年期障害というのもあるのだとか。

その症状は、イライラ、倦怠感、不眠、うつなど、本当に普通の更年期障害と同じでした。しかし、若い内はまだ卵巣の機能は低下していないというのに、なぜ体内のホルモンバランスが乱れるのでしょうか?

それは、生活習慣の中に、ダイエットや不眠、食生活、ストレスと言った不健康要素があるが故に、卵巣に作用して女性ホルモン量の分泌が低下するからだそうです。

ただし、普通の更年期障害と違い、ホルモン剤を飲みつつ生活習慣を改善すれば、比較的早期に治すことができ、また、卵巣機能に何ら影響は無いため、妊娠も通常通りできるとのことでした。

とりあえず、ちゃんと治せば妊娠できるということで、安心しました。
しかし、長期に渡るとホルモンバランスの改善が難しくなり、不妊症の原因ともなるため、やはり判明次第早急に治療すべきとのことでした。